最新情報はこちら

1/11(日)#ほどほど田舎ほどほど都会 滋賀移住ラボ~山の仕事編~にてお話しします

東京で開催される滋賀移住ラボにて、当センターの森林環境保全員の橋本勘がお話をします。

琵琶湖のイメージが強い滋賀県。実は、周囲を山々に囲まれ、面積の約半分は森林となっています。
そんな滋賀県の山の魅力に惹かれ移住した先輩移住者や孫ターン移住をきっかけに現在森林の魅力発信を行う
先輩移住者をゲストに招き、滋賀県の山の魅力や仕事内容、滋賀県でのくらしについてお話しします。

日程 2020/01/11(土)
開催時間 13:00-15:00
開催場所 東京交通会館8階
認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
東京都千代田区有楽町2-10-1
参加費 無料
参加自治体・参加団体 滋賀移住・交流促進協議会
東近江市・長浜市・ながはま森林マッチングセンター
滋賀県総務部市町振興課地域戦略支援係
詳細 【ふるさと暮らしセミナープログラム】
12:45   受付開始
13:00   イントロダクション
13:10   ゲストトーク  安田 峻矢さん
13:40   ゲストトーク  橋本 勘さん
14:10   まちのくらし紹介
(東近江市・長浜市)
14:40     個別相談会【ゲストプロフィール】
☆ 安田 峻矢さん
東近江市永源寺森林組合勤務 Iターン移住者
兵庫県神戸市生まれ。関東の大学を卒業後、山で働く男の姿に憧れて、
植栽から利用間伐、皆伐といった地域の山の木全般に関わって働くことが
できる、永源寺森林組合に惚れこみ、24歳で滋賀県東近江市に移住。
永源寺森林組合で現場作業員として働く。日々チェーンソーを片手に
森づくりに勤しむ。☆ 橋本 勘さん
ながはま森林マッチングセンター 森林環境保全員 孫ターン移住者
大阪府堺市出身。2009年から滋賀県長浜市にある祖父母が暮らしていた古民家に移住。
専業農家になる予定だったが、森林保全のボランティア活動に関わる中で、森林を保全する
琵琶湖森林レンジャーに就任。長浜市の臨時職員を経て現職に。人と森をつなげる為、
森林の調査や魅力の発信、人が森に関わるための仕組みづくりを行っている。
近年では、長浜市に自生するカエデから作ったメープルシロップの開発に携わる。
締め切り日 2020/01/11(土)
お申し込み 【お申し込み・お問い合わせ先】

ふるさと回帰支援センターHP申込フォーム または
下記連絡先まで電話・メールにてお申し込みください。
しがIJU相談センター(池田)
TEL 090-2730-4793
Mail   shiga@furusatokaiki.net

申し込みフォーム コチラ

ちらしPDF

PAGE TOP