最新情報はこちら

【終了しました】2月18日(日)カエデ樹液採取体験

スノーシューで行くカエデ樹液採取体験。無事に終了しました。当日は天気も良く最高のロケーションで、なおかつ、樹液も約20リットルを回収することが出来ました。体験終了後は、イタヤカエデとウリハダカエデの樹液の飲み比べ、メープルシロップの試食、樹液100%紅茶の試飲などで楽しみました。ご参加いただいたみなさまありがとうございました!

樹液は採れる時期が限られ、メープルシロップにするには45分の1に濃縮するため量がかなり少なくなるため、多くの人に味わっていただくという訳には行きませんが、体験ツアーを通して森づくりにつなげるツールとして利用できないかと考えています。今後も樹液採取体験は継続していきたいと思います。今回ご参加できなかった方も次回はぜひ。

意外と知られていないことに、長浜市の面積の半分以上は森林です。この広大な森には、まだまだきっと素敵な資源があるはず。そんな思いで「ながはま森林マッチングセンター」では湖北の森の資源発掘調査を進めてきました。

その資源の可能性の一つがメープルシロップ。元となるのはカエデの樹液。1月の終わりから3月にかけて仁尾約1か月が樹液の採取時期です。1本のカエデから採れる樹液は約15リットル。それを40分の1に煮詰めることでメープルシロップが出来上がります。

事前調査の結果、湖北の森には甘い樹液の採れるカエデがあることが明らかになりました。そしてこの冬、樹液採取調査を実施します。そこでお手伝いいただける方を10名募集します。一緒に採取体験いかがですか?

採取地は積雪があるためスノーシューを履いて移動します(往復約4km)

期 日:2018年2月18日(日)荒天延期 予備日2月24日(土)
集 合:JR湖西線永原駅
集合時間:10時(解散予定14時30分)
参加費:1,000円(資料・保険代を含む)スノーシューレンタルは別途2,000円

申込受付:(有)西浅井総合サービス メール:nishiazai.co@koti.jp FAX:0749-89-0281
お名前・住所・年齢・連絡先・スノーシューレンタルの有無をお知らせください。

持ち物:飲み物・昼食・カッパ・スノーシュー(レンタル可)
服 装:雪で濡れてもよい服装、手袋、帽子、登山靴かスノーブーツ(長靴は△。できるだけ足にフィットしたもので)、ゲイター(あれば)

※申込みは中学生以上に限らせていただきます。採取した樹液はお持ち帰りいただけません。

チラシPDF

 

PAGE TOP